会員にあった教え方をするのがジムの仕事

ジムにはいろいろな仕事があります。受付や清掃や実際にトレーニング方法を教えるインストラクターなどです。インストラクターはただ教えるだけではいけません。利用者はさまざまな利用目的をもって通うからです。ダイエットをしたい人も筋肉を付けたい人も健康的に生きるために通う人もいるでしょう。その会員のニーズが叶うような教え方をすることで、利用者を増やすことができます。

そのため、会員のニーズをヒアリングしてそれにあったメニューを組む柔軟性が必要になります。また、ヒアリングをしたりトレーニング中に話すことも多いためコミュニケーション能力もあるといいでしょう。

専門的な知識が必要なため、専門学校を卒業してから就職をすることが多いです。企業に勤めて、将来的に自分のお店をもつこともできます。

山梨でも募集をしているところがあります。健康に関して知識が豊富になるので、自分の健康管理もできるようになるので一石二鳥です。